CONCEPTHEALTHYMESSAGEFOOD TECHONLINE SHOPSTOREMENU
MY PAGECART
CONCEPTHEALTHYMESSAGEFOOD TECHONLINE SHOPSTOREMENU

ABOUT US

新着情報お問い合わせ会社概要

FOOD TECHNOLOGYFOOD TECHNOLOGY

WHY
JUNK FOOD?
WHY
JUNK FOOD?
思わず食べたくなる

ジャンクフード


を目指して

私たちは、最新のフードテクノロジーを活かした商品開発で、プラントベース業界に革命を起こすことを目指すフードテック企業です。
持続可能な社会を実現するため、やみつきになるようなプラントベースフードの開発を進めています。
素材の研究開発から、2foodsカフェでの製品化、そして量産化技術など、あらゆる工程で独自のテクノロジー技術を活用。
おいしさを追求し、常に進化し続けます。
最新のテクノロジーを駆使した「ヘルシージャンクフード」で、新時代のムーブメントをつくります。

OUR
FOOD TECH
OUR
FOOD TECH
2foodsの
フードテック技術

PLANT BASED MEATPLANT BASED MEAT

01

大豆

02

粉末

03

ペースト

04

ナゲット

植物が、ぷりっぷりでジューシーな肉になる

鶏肉の弾力とジューシーさを兼ね備えたやみつきになるプラントベースミートを実現。商品ごとに、数十種類の大豆ミートを使用しています。
さらに、下処理や加熱時間の調整、うまみを引き出す調味料の配合を0.1%単位で調整。ほろほろとほどけるような食感と繊維感を再現するため、大豆ミートのブレンド技術を編み出しました。

PLANT BASED EGGPLANT BASED EGG

01

植物性原料

02

ペースト

03

ふわとろたまご

植物から、たまごが生まれる

私たちは、あらゆる野菜、それに由来する油分、豆類などを最新のテクノロジーを活用して、プラントベースでたまごを生み出しました。ただたまごを作ればいいということではなく、さらにその先を目指し、最終的には目指すフードに合ったたまごの組成を考え、「たまごらしい味・食感・香り」づくりを実現しました。
例えば、店頭で大人気の「まるでたまごなドーナツサンド」は、かぼちゃと豆腐を主原料にたまご独特の歯ごたえを、そして自然由来の独自配合スパイスでたまごらしい香りを再現しています。一方、オムライスは野菜のエキスを原料とした独自技術を採用することで、あのふわとろ食感を編み出しました。
たまご一つとっても、メニューによって食感・形状が異なるのですから、一筋縄ではいきません。

OVERNIGHT METHODOVERNIGHT METHOD

01

イースト菌

02

糖を取り込む

03

ゆっくり発酵

旨みがふくらむ、フードテック

食品添加物を使わず、自然の力だけで圧倒的なふわもち食感を実現するため「オーバーナイト法」と呼ばれる熟成発酵技術を採用しています。
私たちは発酵時間の調節によって生地の膨らみ方や、旨味に違いが出ることに着目し試行錯誤しました。特別に発酵の遅いイースト菌を採用し、特定の環境下で通常よりも5倍以上長い時間をかけてゆっくり発酵させることで、素材が持つ本来の旨みをゆっくりと引き出しながら、圧倒的なもっちり食感を再現することができます。
また、このカラフルで美味しい見た目を演出するためにラズベリーや抹茶、クチナシ等の天然着色料を利用した独自技術を駆使しています。

PLANT BASED EGGPLANT BASED EGG

01

02

まろやかガトーショコラ

お菓子づくりの常識を覆す

本来、卵・牛乳・バター・小麦粉などの原料を使用すれば出せるまろやかなくちどけも、プラントベースやグルテンフリーの素材に制限すると一気に難易度があがります。
私たちは主材料として玄米を選択し、それを通常の数千分の一サイズに粉砕する特殊製法で精製した「超微粒玄米粉」を使用。
これまでのお菓子づくりでは常識だった動物性原料を使うことをせず、カカオの濃厚な食感ととろっとした優しく濃厚なくちどけを実現しました。玄米粉は小麦粉に比べてビタミンが豊富です。本来熱で壊れてしまうビタミンも、熱を加えずに粉砕する「超微粒玄米粉」なら、多く残すことができます。

PLANT BASED SOURCEPLANT BASED SOURCE

01

温度調整

02

きのこの旨みを
引き出す

あんなソースも、こんなソースも

思わず何度も口に運びたくなる濃厚で深い味わいとコクのあるソースを目指しました。
動物性原料でしか出しえないコクを、植物性原料で実現したのです。深みを出すために、材料は何百通りもの素材を組み合わせたり、冷凍技術を用いたり、そして、煮る、炒め、焼きなどあらゆる調理方法を研究、数百を超える試作を重ねました。
例えば、疑似オイスターソース。きのこを冷凍し細胞壁を壊すことで、そこから旨味成分を最大限に引き出し理想のソースを実現。
疑似ナンプラーであれば、その独特の臭みを、果実と複数の調味料を使うことで再現しています。

PLANT BASED ICEPLANT BASED ICE

素材をバランスよく配合

ミルクのようにクリーミーなコクと深み

乳製品であるアイスの組成を研究し、プラントベースでも劣らないリッチでクリーミーなミルクアイスを再現しました。
プラントベースのアイスは、乳脂肪・乳タンパクがなく糖質も少ないためシャリっとしたあっさりな味わいになってしまいます。豆乳など単一素材を使ってもプラントベースアイスは作れますが、それでは豆乳アイスになってしまいます。
私たちが目指したのは、ミルクアイスに負けない濃厚でコクのあるクリーミーなアイスです。そのため辿り着いたのは、ココナッツやオーツミルクなどの厳選素材をバランスよく組み合わせて、素材が持つ美味しさのみを引き出すこと。
目標としていたミルクのようなクリーミーなコクと深みをぜひ堪能していただきたいものです。

最新情報を受け取る

NEWSLETTER

公式LINEやニュースレターにご登録いただきますと
新商品発売の情報などをいち早くお知らせします

LINEで最新情報を受け取る

LINEで友達追加

メールで最新情報を受け取る

お問い合わせ

CONTACT

US

2foods に関するお問い合わせは
こちらからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ
CONCEPTHEALTHYMESSAGEFOOD TECH

© 2022 TWO Inc.